スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧FF14の悪夢から4年が経ちました

゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪ (仮称)藍屋国十郎です。

新生FF14は2013年の8/27に開始しましたが
その前の旧FF14は2010年9月30日に正式サービスを開始しました
今日で旧FF14の悪夢から4年が経ちましたFF14です(´・ω・`)

ff14ss20140926a.jpg

旧FF14の方が良かったと思った事は今まで1度も無い
旧FF14と新生FF14を比較すれば間違いなく新生FF14の方がまし
あれは本当に悪夢だった

ff14ss20100925c.jpg
↑このSSは旧FF14のオープンベータ時のビサイドサーバーのピーク時間の接続数で2119人

旧FF14のコンテンツは主食のギルドリーブぐらいでレベル上げしかやる事がなく
最強の敵『サーバーガー』の前に爆死した旧FF14(´・ω・`)

個人的には旧FF14のジョブが追加されたパッチ1.21はガッツリ楽しく遊びましたね
ジョブ追加から月下の闘いまでは旧FF14も楽しかったな(´・ω・`)

ff14ss20130824a.jpg

旧FF14は鯖統合がありビサイドサーバー最終日ピークの同接はプレイヤーサーチで659人
統合後のバルムンクは北米人口最大サーバーでありましたが
日本時間のピークではプレイヤーサーチで約1000人の接続数でしたので
統合後10サーバーしかなかった旧FF14はそれは本当に酷い状況でした

それから去年新生し

新生直後はプレイヤーサーチなんて手間がかかりすぎて計測不能な状況が続きましたが
私個人が自分でプレイヤーサーチを使って自分用に記録を書き留めていますが
今年の1月のマサムネワールドのピークの平均はプレイヤーサーチで約2900人前後
それが今月9月のマサムネのピークの平均はプレイヤーサーチで約2100人前後と減少

過疎化は止まらず減少し続けていますがね(´・ω・`)

東京ゲームショウでは今年のアクティブ数の発表はありませんでした
旧FF14は全10サーバーに対して新生FF14は全64ワールドですからね数が違います
作り直しただけあって新生FF14は旧FF14と比較すれば増員に成功しました

ただスクエニ自体が認める失敗作の旧FF14と比較すれば当たり前なんですが
そうじゃなかったら作り直した意味がありません
旧FF14は約1年半の無料延長に再開発ですからねコストはお察し(´・ω・`)

4年前の旧FF14の悪夢で復活を願望し
3年前の新生FF14作り直しの発表に気が遠くなり
2年前の最終セーブで新生を熱望し
去年の新生FF14リローチンに歓喜し
今年新生FF14の現状に失望する(´・ω・`)

1年前

新生FFXIV発売記念イベントin 渋谷ヒカリエで
『目指すなら1番になりたい』と言っていた吉田P/D
ユーザーが1番を求めたのではなく吉田P/Dが自分から言い出したのにね
今年1周年の東京ゲームショウ2014でアクティブ数に触れなかった時点で
お察しして差し上げろって言う事でございますね(´・ω・`)

ff14ss20130926g.jpg

新生FF14のパッチ2.0は楽しかった真タイタンでレリックまでは本当に歓喜し楽しんでいた
パッチ2.1でルーレットが導入されてからコミニティが疎遠になって疲れました(´・ω・`)

FF14は今後も息苦しい制限やプレイヤーの仕分けが続きます
弾幕シューティングなんちゃってクリックバトルが続くわけです

旧FF14は2012年3月から同年8月ごろまでパッチ1.21から月下の闘いまで楽しみました
新生FF14は2013年8月から同年11月までのパッチ2.0は楽しみました
今はFF15が楽しみです

ブログランキングならblogram
↑お察し申し上げます(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。